fc2ブログ

あと一週間で・・・

過酷で環境のよくない大物工場での応援を命ぜられ

あっという間の6ヶ月です。



本籍の職場の課長S。

すれ違いざまに挨拶だけはするけど

なんら会話はなし。

直属の上司が部下に話すことが何もナイとは如何なものか?

上司としての資質がないと思う。



今の職場の班長Mは、近くに来る度に声をかけてくれます。

面倒そうな仕事も信頼して任せてくれます。

さすが職場のリーダーです。


この度、大物工場で超~面倒な製品を大量に造ることになったらしい。

製品の内面に「焼付き」という欠陥が生じやすい製品。

噂によると、同業他社数社が断った品物。

つまり採算が合わない品物。。。

我社の営業力の低さを感じるところです。



昨日の午後、大物工場の課長Oがやって来て

ピー助に


「・・・・(作業手順なので省略)・・・してください」

ま~焼付きやすいものは、いつものパターンで、鋳型に施すべきことは承知。

そして

「ピー助さんは几帳面なので本当に助かります」・・・・と。

この会社に入って上長にこんな風に言われたのは初めてかも。




本日の午後から作業を始めましたが、想定外に面倒でした。

塗型剤を塗りづらい部位が多いのです。

凸は簡単だけど

凹は超~面倒。。。

凹みに塗型剤が溜まってしまうんです。これは絶対にNG!

薄過ぎず、厚過ぎず~塗らねばなりません。


塗り終えたらガスバーナーで炙って焼くのです。

塗型剤にはアルコールが混ざっているのでよく燃えます。

次に直近の別の鋳型の作業は出来ません。




作業手順を考えながら、どうやれば効率よく作業できるか?

何よりも壊さずに・・・


概ね作業スタイルは決定!

次回はもっと効率よくやれると思います。






いや~GW明けは本籍の職場に向かわず、すっとぼけて大物工場に出てこようかな~

居心地が良すぎる。


朝から晩まで同じ作業の繰り返し作業を強いられる本籍の職場は

つまんね~よな~

戻りたくないよ~



本籍の職場に戻った場合のリスクについて考えてみました。

下流工程の職場には、高齢(80オーバー)の補修溶接担当と60前後の溶断と酸洗い作業を担当する者がいます。

彼らが退職すれば代わりが必要。

朝から晩まで黙々と繰り返し作業なんて~

やってられるかい!

さて・・・どうなるのかな~?


明日もご安全に!

昨日はこの記事を書きながら気を失ってしまいました。



あっそうそう!

本籍の直属の上司S

ヤツはいつも始業時刻の2~3分前に出社。

昼休みは自宅に帰る。。。


こんなヤツとコミュニケーションは取れませんよね~

こんなヤツを上司にすること自体がおかしい。


   にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



検索フォーム

プロフィール

ピー助

Author:ピー助
安全第一と言いながらも実態は生産第一なブラック企業に勤め早10年。生き延びるために毎日奮闘中。今日もまた・・・

カレンダー

03 | 2022/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ご来場者数

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR