fc2ブログ

技術の伝承なんぞ不可能!

異国からの研修生が、全社員の2割ほどを占めるようなってしまった我社。

以前いた小物工場で、危うくケガ人が出るところでした。


ある職場のある機械を用いた作業。

ピー助が入社した8年チョイ前から研修生専用みたいな機械でした。

最初は社員が研修生Aに作業手順を教えたことでしょう。

研修生Aは研修生Bに教えた後に帰国。

研修生Bは研修生Cに教えた後に帰国。

研修生C[は研修生Dに教えた後に帰国。


その際、特に作業マニュアルみたいなものはナシ。

全て口頭での指導です。


ま~本来やるべきことの半分くらいしか継承されていないのではないかと思う。


つまり

かなり手抜きなところもあるはず。




先日、ある機械の部品交換の際に

本来は右と左に1本ずつあるボルトを片側しか締めていなくて

締めたつもりの1本も緩く

部品が脱落。。。。

危うく大怪我をするところ・・・・だったらしい。


脱落した部品は損傷し、その修理費用が

なんと!数十万円。










そんな重要な作業を

完璧には言葉が通じない研修生に、よくもま~任せ続けたことです。


これで生産が中断し、納期が大幅に遅れ

顧客に大迷惑をかけることになるはず。



人件費の削減をして得をしたつもりが・・・


大損をする。


ブラックな会社の特徴かも。




異国から来た彼らを

どんなに立派に育て上げても

3年後には帰ってしまうんです。



明日もご安全に!

                       にほんブログ村 にほんブログ村へ
                         にほんブログ村
スポンサーサイト



検索フォーム

プロフィール

ピー助

Author:ピー助
安全第一と言いながらも実態は生産第一なブラック企業に勤め早8年。生き延びるために毎日奮闘中。今日もまた・・・

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ご来場者数

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR