fc2ブログ

昆虫の不思議発見!

昨日見つけたオオカマキリ。

オオカマキリ

気温が低くなったせいか、動きが緩慢。



カミさんが「こんな所には餌はいない」・・・と

キバナコスモスのあるところに運ぼうとしました。


カマキリに触れないカミさんがどうやって運ぶのかが見物でした。




なんと!

上着の袖を差し出すとオオカマキリはそ~っと登って行くじゃないですか!


ピー助の経験上ありえないこと。

威嚇のポーズをとるか、逃げるのが普通です。



お墓参りに行って見つけたウスバカマキリも

ウスバカマキリ

最初はアスファルトの上にいたのです。

オオカマキリ同様に

ウスバカマキリ

上着の袖に登って来たから不思議です。


虫と気持ちが通じるのか?





そんな不思議な力を持つカミさんが本日、たまに出かける道の駅でお買い物した際に見つけた

トノサマバッタ

トノサマバッタ

この異様な体勢を見て

「かわいそうに・・・地面に張り付いているのね!助けてあげる」・・・と突いてみたそうな。

でも、抵抗して地面からは離れなかったそうな。


諦めて、ピー助にこの状態がどういうことなのか訪ねようと写真を撮ったと。




この状況はですね~

地中で生息するモグラにお尻(正確には腹)を噛まれ、地中に引きずり込まれている様子なんです。




というのは冗談で


産卵中ですね~


たまたまアスファルトの一部が剥がれていて、土が露出していたのでしょう。

ここぞとばかりに産卵管を刺しているものと思います。



そして最後に

これも昨日見かけたカマキリのある行動ですが

非常におぞましい写真なので

お食事中の方

これからお食事をする方

これからグッスリ眠らねばならない方

ただでさえ不眠症の方

あと、心臓の弱い方は見ない方がいいかも。


勇気ある方は追記へお進みください!


昨日の実家での活動中、実家の裏で掃除をしていたカミさんの呼ぶ声が聞こえ向かうと

ピー助も初めて見る光景でした。







オオカマキリの共食い


この状況が理解できますか?

緑色のオオカマキリが咥えているのは、褐色のオオカマキリの腹部。

褐色のオオカマキリの頭と胸は写真の左下にあり、鎌を動かして食いちぎられた自身の腹部を取り戻そうとしていたのです。




オオカマキリの共食い 腹部を食われた方

こんな姿になっても動いていたから驚きです。


ビビって手が震えたようでピンボケですけど。


同じ種でありながら、子孫を残すために共食い。

餌となる他の昆虫が少ない秋だから?


セミや蝶を食べているカマキリは何度も見ましたが、共食いは初めてです。


明日もご安全に!




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

生存競争は苛烈

おはようございます^^

カマキリの動きが緩慢になるほど、そちらも涼しくというか寒くなっているんですね!

奥さまは、カマキリには触れない?

虫も動物も、圧倒的に、男性よりも女性を好みます。

闘争的な男性よりも優しい女性がいいのでしょう^^

女性の中でも、全く、拒否される人もいるから、芯が優しい女性が虫には分かるのだと思います。

良い場所に移動させてあげるよ、という気持ちがカマキリに伝わって、這い上って来る?

なんと可愛い^^


トノサマバッタの産卵ですか。

そんなところに卵を産んだら、来年、孵るかどうかが心配だけど、まあ、それも運次第ですね。



ヒエエエエ~~~~~見ちまった! 笑

これが自然の掟なんですね;

痛覚というものがないことを祈りたいです!


No title

串団子さん こんばんは!v-283

日曜日は日中でも寒く、冬用の作業着を着て活動して丁度よかったです。

カミさんにはカマキリの掴み方を教えたことがあるけど、怖がって無理ですね~

まさか袖口で誘うとは・・・・反則です!

それも二度もですよ~

ちなみにお墓の傍で見つけたウスバカマキリは、その後カミさんの腕を駆け上がり、背中に回り込みました。

もちろんカミさんは発狂。

そうなるよね~

ピー助が掴んで解放しました。


カミさんは、確かに虫には優しいです。

我家に侵入した虫たちは、概ね金魚用の網で捕獲して外に解放します。

潰しちゃ~イケないんです。


トノサマバッタの産卵の瞬間ですら珍しいのに、アスファルトの隙間に産み付ける様子なんて、二度と見ることはないでしょう。

そうですね。運が良ければ春先に小さいのが出てくるかも。

駐車場の改修工事が行われなければいいけど。


喰われているオオカマキリのお腹には、多分卵があるはずです。この黄色に見える物がそうかもしれません。

餌の無いこの時期に貴重な栄養かも。

痛みを感じながらのたうち回る上半身でないといいけど、痛いでしょうね~

食糧難がやって来ても共食いだけは・・・
v-512
明日もご安全に!v-222
非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

ピー助

Author:ピー助
安全第一と言いながらも実態は生産第一なブラック企業に勤め早10年。生き延びるために毎日奮闘中。今日もまた・・・

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

ご来場者数

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR